お揃いが恥ずかしい人は別アクセサリーでこっそりペアにしよう!

大切な人とお揃いのアクセサリーを身につけてみたい……。内心そう思っても、周りの目線が気になって抵抗を感じてしまう人もいるかもしれません。その場合は、同じデザインながらも男性はバングル、女性はネックレスというように、こっそりお揃いのアクセサリーを身につける方法はどうでしょうか。また、同じ種類のアクセサリーでも、ちょっとした工夫で2人だけの素敵なオリジナルのペアアクセサリーにすることもできますよ。

同じ想いが込められた別アクセサリー

例えば、なめらかなデザインやエレガントさから性別を問わず親しまれる「唐草(カラクサまたはアラベスク)」のモチーフ・アクセサリーは、「幸福・繁栄」のお守りとしても人気があります。男性ならネックレス、女性ならバングルというように、身につける場所を変えて、お揃いにするのはいかがでしょうか。同じモチーフに「2人の絆をより強めていきたい」「いつまでも幸せでありたい」という想いを、こっそりとアクセサリーに託すことができます。
唐草のほかにも、「災いから身を守る」「幸運を導く」フェザーやクロスも想いが込められたモチーフとして人気があります。

このように、お守り効果のある同じモチーフをあしらったネックレスとバングル、同じ天然石を使ったリングとネックレスなどであれば、見た目は「お揃い」ではなくても、アクセサリーに込める「想い」をお互いに共有することができます。

ペアで着用できるアクセサリーの種類

ペアアクセサリーと言えば、指輪(ペアリング)を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。年齢や性別を問わず、「2人の絆や愛の証」としてペアリングを身につけることに憧れる人も多いでしょう。普段指輪をつける習慣がないという人は、ペンダント用のチェーンに通して身につけることもできます。
ペアリングのほかにも、2つ並べるとハート型になるモチーフをつけたものや、パズルのようにぴったり組み合わせられるタイプも人気です。

アクセサリーの一部を別々にすることもできる

セミオーダー対応のお店で購入すれば、チェーンだけ男女で別なものにするなど、全く同じデザインのペンダントでもペアアクセサリーにちょっとした特徴をつけることができます。同じデザインの色違いの素材を使ったバングル、同じ種類の大きさの異なる天然石をあしらったリングなど、一部分が別であればアクセサリーの印象も大きく変わってくるため、ペアアクセサリーに抵抗があるという人も身につけやすくなるでしょう。

どんなに大切な相手でも、仕事上の理由などでペアアクセサリーを身につけられない人もいるでしょう。ペアアクセサリーを贈りたい!と心に決めていても、相手にあまり喜んでもらえなかったら、せっかくの贈り物も台無しです。
そんなときは、ここで紹介した例を参考にしながら「こっそりと」お揃いのアクセサリーを選んでみては?

< 前の記事

ネックレスチェーンの長さや種類に関する豆知識

ひと口にネックレスといっても、チェーンの長さや素材によってさまざまな種類がありま…