ネックレスチェーンの長さや種類に関する豆知識

ひと口にネックレスといっても、チェーンの長さや素材によってさまざまな種類がありますよね。ここではネックレスチェーンの長さや太さをもとに、役立つアイテム選びの豆知識をまとめています。自分にピッタリのアクセサリー選びに、ぜひ役立ててください。

チェーンの長さで変わる呼称

ネックレスチェーンは長さで呼称が変わります。代表的なタイプは以下の5つです。

Choker(チョーカー):約40cm

カジュアルに使える長さで、どのようなファッションにも合わせられます。毎日身につける普段使いのアクセサリーなら、こちらのチョーカーがおすすめです。

Princess(プリンセス):約40~45cm

もっともスタンダードな長さだとされます。ドレスやブラウスを着たときに美しくみえる長さなので、ちょっとしたお出かけのときに使いましょう。

Matinee(マチネー):約50~55cm

タートルネックやワンピースに合うように作られています。欧米の社交界でよく使われた長さです。上品な印象になるため、ビジネスシーンにもおすすめです。

Opera(オペラ):約70~80cm

夜のパーティードレスにもよく映えるボリューム感が特徴です。お祝いの席など特別な日の装いに合わせたいタイプでしょう。

Rope(ロープ):約107cm以上

もっとも長さがあるタイプ。2連巻きやブレスレットとの組み合わせで楽しみます。服装をシンプルにまとめて、アクセサリーを主役にしたコーディネートに合わせたいタイプだといえるでしょう。

ネックレスチェーンの種類

ネックレスチェーンの種類としては、「小豆」と「喜平」のふたつが代表的です。小豆は一つひとつのコマを交互につないだ形。指で輪を作ってつなげたときのように、90度回転させた形で縦横交互につながれています。 喜平はひねったコマの向きを、そろえてつないだタイプです。すべてのコマが同じ方向にそろうため、より美しくみえるという意見もあります。たとえば、喜平の両面を削り平らにすると、K18ネックレスという馴染み深い形になります。 小豆、喜平以外にも、ネックレスチェーンの形には丸い形状の球をつないだ「ボール」、四角い形状のコマを編み込む「ベネチアン」などさまざまな種類があります。どの形が好みに合うか、試着しながら考えてみましょう。

ネックレスチェーンの素材

ネックレスチェーンの素材で一般的なのは、シルバー、ステンレス、ゴールドの3つです。それぞれの特徴は以下のとおりですので、選ぶときの参考にしてみてください。

シルバー

あらゆる装飾品におけるスタンダードな素材ですが、それはネックレスチェーンも同様です。ゴールドと比べると、ややリーズナブルに購入できることで人気があります。また柔らかい金属なので、柔軟なデザインが可能なため、オーダーメイドジュエリーを希望される人からも、高い支持を受けています。上品な輝きは、プライベートからビジネスシーンにも対応できるでしょう。

ステンレス

金属アレルギーの人に好まれる素材です。汗や汚れに強く、変色がしにくい点も大きなメリット。ただシルバーと比較して硬く、加工しにくいのが難点です。シルバーほど豊富なデザインもありません。

ゴールド

独特の色味や輝きに魅了されるファンがたえない素材です。純度が高い24金アクセサリーを、節目の記念に購入される人も多いといいます。華やかな印象を持つために、結婚式の二次会などお祝いの席にも選ばれることが多いゴールドですが、昼間の式だと光が強すぎることもあるため、シーンに合わせた使い分けが必要でしょう。

ネックレスチェーンひとつとっても、これだけの呼称や種類などがあります。しかも一つひとつに特徴があり、マッチするシーンも異なります。上記を参考にしながら、自分に合ったネックレスチェーンを選んでみましょう。

< 前の記事

ネックレスチェーンの長さや種類に関する豆知識

ひと口にネックレスといっても、チェーンの長さや素材によってさまざまな種類がありま…